雑貨屋のラッピング

ラッピングは地味な作業のようにも見えますが、意外とかなりの練習や技術が必要になります。経験も技術もない方がいきなりラッピングをうまくやろうと思っても、すぐキレイに仕上げられることはそうないと思います。しかし、ラッピングは商品を大切に包み、外観を整えさせる大切な役割を持っている作業……失敗は許されません。そのため、雑貨屋の店員(もっともラッピングを扱うすべてのショップにいえることですが)は、キレイにラッピングするための練習を十分に行う必要があります。キレイにラッピングされた雑貨は、きっと本来以上の価値を生んでくれることでしょう。

ラッピングは、商品の包装箱を紙で巻き、最後にリボンをかけるのが一般的です。「キャラメル包み」というラッピングの包み方がもっとも簡単でポピュラーなのですが、初心者でも簡単にできる分、高級ショップでは避けられることもあります。簡単にできるということは、楽をしていて礼を欠いているという意識につながりかねないからです。日本の高級ショップはとても意識が高いといえますね。

ある意味、「キャラメル包み」をしているかどうかで、その雑貨屋のこだわりをうかがうことができます。こだわりのあるショップでは、「斜め包み」というラッピングをします。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 雑貨が大好きな人に見てもらいたいサイト All Rights Reserved.